PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

里山・あそび隊 池田五月山

池田五月山で活動する複数の団体の有志と行政が、
子どもたちに五月山の自然や、伝統、里山のくらしをつたえたいと「里山・あそび隊」をたちあげました。
隊員が元気いっぱい池田五月山を遊ぶ様子や、豊かな自然、奔走する実行委員の姿をお伝えします。
第10回、第11回、第12回、第13回トムソーヤスクール支援団体。
<< 第5回活動についてのお知らせ | main | 第6回活動についてのお知らせ >>
第5回 野外でクッキング
0

    5-1

    今回の活動は、野外でカレーライス作りです。
    皆で協力して「かまど」を作り、飯ごうでご飯を炊き上げます。
    焦げずに上手に炊き上がるでしょうか。

     

    5-2

     

    まずは、清水隊長より「飯ごう」の使い方やカレーライスつくりに
    むけての説明を受けます。
    ご飯には能勢で収穫された無農薬のお米、野菜は細河で獲れたものを使用します。

     

    5-3

     

    5-4


    早速ピーラーを使って野菜の皮むきからスタートです。

     

    5-5

     

    5-6

     

    5-7


    続いて包丁を使いニンジン、ジャガイモ、玉ねぎをカット。
    左手をネコの手にして添えて上手にカットされていきます。
    いろんな大きさや形のカレーの具が出来ました。

     

    5-8


    飯ごうの下準備係も上手にお米を研げていました。
    いつもお家でお手伝いしているのかな?

     

    5-9


    下準備が終わったら大事な飯ごうを手にいざ!すがたに広場へ。

     

    5-10


    広場では飯ごうを炊く「かまど」作りの説明を受けました。

     

    5-11


    かまどが設置できる平な場所を確保したらブロックや薪、網などを運びます。

     

    5-12

     

    5-13


    燃えやすい杉の葉などから順に火をつけていき見事火起こし成功。
    自分達の班のはんごうをかまどに並べます。

     

    5-14

     

    5-15

     

    5-16


    みんながカットした具材も大鍋で火に掛けられました。

     

    5-17

     

    5-18


    玉ねぎがあめ色になってきたらニンジンやジャガイモ、お肉が
    次々と投入されていきます。

     

    5-19

     

    5-20


    炊き上がって蒸らしておいた飯ごうのチェック。
    どの班も見事にお米が出来上がっていました。

     

    5-21


    鍋にもカレーのルーが投入されカレーも完成です。

     

    5-22


    自分達の班で炊き上げた自慢のお米を手にカレー鍋に行列ができました。
    みんなで協力して作り上げたカレーライスの味は格別でした。

     

    5-23

     

    5-24

     

    5-25


    何度もお代わりする隊員もおり、あっという間に大鍋が空っぽになりました。

     

    5-26


    昼食後には、五月山グリーンエコーより竹トンボのプレゼントがありました。
    紙やすりを使って竹トンボの羽を削って完成させ、早速飛ばしてみます。

     

    5-27

     

    5-28


    竹トンボの羽がクルクル回り高く飛び上がりました。

     

    5-29


    またすがたに広場には活動日に駆除された
    スズメバチの巣があり観察させていただきました。
    巣の中を調べてみるとハチの幼虫がたくさんいてビックリ。

     

    5-30


    6月の活動でも使用したマイクロスコープを使って
    さらに詳しく観察しました。

     

    5-31


    十分にすがたに広場で遊んだ後、緑のセンターへ戻り
    今日の記録を書きました。

    自分達で作り上げたカレーとっても美味しかったですね。
    次回は、五月山で、秋の木の実探しです。
    元気よく参加して下さい。

     

    <今月の問題>
    お米を炊く際に言われている火加減にまつわる言葉
    「はじめチョロチョロ中〇〇〇、赤子泣いても〇〇取るな」
    の〇の中に入る言葉は何だったか覚えているかな?

     

    【子ども達の感想/気づき】
    ・はんごうするとき入れ物に「どれぐらい入るのかな?〜」と思ってたけど思ったより多く入って4ごうも入った。
    ・自分たちで作ったカレーライスはとってもおいしかった。
    ・カレーを食べた時「おいしいなぁ」「あつっ!」と思った。
    ・ひさしぶりに料理をしてたのしかった。
    ・白ごはんがちょうきれいにたけた。
    ・火をたいて、ごはんをたけて、おこげがおいしかった。カレーもおいしかった。
    ・火をおこすのたのしかった。
    ・杉の葉は燃えやすい物ということを知って面白かった。
    ・火を絶やさないことは大変だった
    ・昔の人はこれをしていたと思うとすごいな〜と思った。
    ・たけとんぼやった
    ・竹とんぼやいろいろ楽しかった。
    ・竹とんぼがなくなってかなしかった。
    ・はちがこわかった。
    ・いっぱいはちがいた
    ・はちが子どもたちをさがしに来たのがこわかった
    ・スズメバチの巣がこわかった。
    ・スズメバチの幼虫をさわった。
    ・スズメバチのよう虫がくねくね動いていたからかわいかった。
    ・スズメバチのすが5だんぐらいあった。
    ・あきなのにせみがないていた。
    ・ヒガンバナを見つけた
    ・ダムをつくった。

     

    などなど

    | 里山あそび隊 活動報告 | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 16:21 | - | - | - |









      http://satoyamaasobi.jugem.jp/trackback/144