PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

里山・あそび隊 池田五月山

池田五月山で活動する複数の団体の有志と行政が、
子どもたちに五月山の自然や、伝統、里山のくらしをつたえたいと「里山・あそび隊」をたちあげました。
隊員が元気いっぱい池田五月山を遊ぶ様子や、豊かな自然、奔走する実行委員の姿をお伝えします。
第10回、第11回、第12回、第13回トムソーヤスクール支援団体。
<< 第9回活動についてお知らせ | main | 第10回活動についてお知らせ >>
第9回 ケモノたちを追跡しよう
0

    9-1

    バスで東山へ移動しハイキングコースを登りながら
    五月山に生息する動物たちの生活の跡を探しました。

     

    9-2

    数日間寒い日が続きましたが活動日は
    天候に恵まれ暖かい日差しで少しポカポカしていました。
    本日はバスで移動するためてるてる広場に集合です。

     

    9-3


    バスで8月の活動場所だった中川原より1つ先の東山に向かいます。

     

    9-4


    東山のバス停で今回ガイドを務めていただく
    五月山グリーンエコーの代表の中川さんと合流しました。
    鹿や猪が檻に捕まっている写真を見て気持ちもグッと高まります。

     

    9-5

     

    鹿避けの電気柵の張られた畑を通り山へ向う途中

     

    9-6

     

    9-7

     

    人家のすぐ近くの湿地で早速鹿の足跡とフンを発見しました。
    こんな家の側にまで鹿がやって来ているなんで驚きです。

     

    9-8


    ハイキングコースに向かう途中にも無数のフンを見つけました。

     

    9-9

     

    9-10


    冬いちごを発見!さっそく食べてみると…少しすっぱい

     

    9-11


    町の決まりごとが書かれた昔の掲示板を横目に進んでいきます。

     

    9-12


    近くに設置された鹿や猪を捕獲する罠を見学しました。
    五月山には何か所も同じ大きな捕獲罠が設置され
    年に何頭も捕獲されているとのお話と
    先日猟友会の方の猟犬を五月山で見かけたとの説明がありました。

     

    9-13


    更に道を進むと五月山グリーンエコーが活動している
    広場に到着しました。
    広場では、動物達の生活の痕跡を探しました。

     

    9-14

     

    9-15

     

    9-16


    猪が泥を塗りつけた木や鹿がかじった葉やフンが見つかりました。
    生活の跡を発見する事で見えないけど確かに野生の動物達が
    近くに潜んでいると感じる事ができました。

     

    9-17

     

    9-18


    細河地域コミュニティ推進協議会が整備されている
    ハイキングコースを登り日の丸展望台を目指します。

     

    9-19

     

    9-20

     

    9-21

     

    9-22


    途中急こう配の斜面もあり大変でしたが無事日の丸展望台に到着しました。

     

    9-23


    長い距離を歩いたのでお腹がペコペコです。
    公園内の好きな場所にレジャーシートを広げ美味しくお弁当をいただきました。

     

    9-24

     

    9-25


    食後に公園で遊んだ後は五月山の反対側から下山します。

     

    9-26


    出発前に中川さんから公園内で発見されたリスがかじった
    松ぼっくり(通称エビフライ)について説明がありました。

     

    9-27

     

    9-28


    途中11月に皆がドウダンツツジを植樹した市民の森を抜けて大文字の点火場所へ。
    今日も遠くまで見晴らせて大パノラマの眺めは絶景ですね。
    さぁ炭焼き小屋コースを下り緑のセンターをめざします。

     

    9-29


    緑のセンターでは今日発見した物について振り返りました。
    今日は、みんな本当に長い距離を歩き切りました。お疲れ様でした。
    来月は雑木林の間伐作業に挑戦します。元気よく参加して下さい。

     

    【子ども達の気づき/感想】
    ・シカのふんを発見してうれしかった。
    ・足あとをぼくが見つけれた。
    ・いろいろの足あととフンがあったよ。
    ・どうぶつのあしあとの形がとてもおもしろかった。
    ・しかはどうしてはたけにくるんだろう。
    ・ケモノのことがしれてよかった。
    ・木が高ーーーーくなっていて神秘的だった事。
    ・最初の登山コースは炭焼き小屋コースよりもつらかった事。
    ・行きが、すごく急ですべりやすくて、たいへんで、すごくながかったけどすごくけしきがきれいでした。
    ・山をのぼる時「おなかがすいたなぁ」と思った。
    ・ふしぎだなと思ったのはけものをつかまえるわなのてんじょうがなかった。
    ・なんでけものをころすのかな。
    ・エビフライの形がおもしろかった。
    ・くさのついたまつぼっくりがあった。
    ・きいちごが苦手だということが分かった。
    ・すじの3つのはっぱがあったよ。
    ・切り株が457こあった。
    ・ハートのきりかぶが2つあったよ!
    ・なんでつばきは、なんでそのままおちるのかな。
    ・さびているくるまがあった。
    ・昭和五年にかかれたもの。(看板)
    ・友達がふえたよ。

     

    などなど

     

    | 里山あそび隊 活動報告 | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 13:33 | - | - | - |









      http://satoyamaasobi.jugem.jp/trackback/153